WazStyle

人生を変えるための方法~ビジネススタイルとライフスタイル~

自己啓発

「行動できない」脱出法!9つの習慣|3.他人に頼る

投稿日:2017年7月23日 更新日:

「お願い」できない人は人生で損をします。
苦手なことは人に頼りましょう。

世の中は「頼り頼られ」成立しています。

相談相手をもつ

自分からなかなか動けないのでしたら、人の力を借りるというのも一つの方法です。
躊躇している自分の背中を押してくれるような人がいればいいのです。

たくさんはいりません。
ひとりでいいんです。

日頃から相談に乗ってくれる人をもってみましょう。

なかなか動けないタイプの人にかぎらず、人間というのはひとりで考えこむと堂々巡りに陥りやすいのです。
もし、仕事でうまくいかないことがあったときに、ひとりで解決しようと無理をすると、問題がどんどん大きくなってしまったり、どらブルの原因になってしまうこともあります。

同僚や上司に迷惑をかけないようにと思ってひとりでやった結果、結局は周囲に迷惑をかけてしまうことになってしまいます。
そんなことになるなら、周囲の人に最初から相談しましょう。

同僚や上司も意外に相談することで意外に簡単に解決してしまうかもしれません。

口に出す

自分ひとりで考えずに人に相談するメリットは「自分とは別の視点で判断してもらえる」ということです。
ひとりで考えていると感情や気分によって物の見方が偏ってしまったり、目的ばかりに気をとられ肝心な部分を見落としていまったりしやすいのです。

「人に話す」ということにはメリットがあります。
それは「人に話す時点で、自分の中でその問題を整理できる」ということや、人に話すことで新しい考えを見つけたり自分の長所やできることの可能性も見えてきたりすることです。

また「他人に話した」ということで、実はあなたの答えは決まっています。
答えは決まっているが、何か不安や大きなリスクがあるから他人に「自分の選択が間違っていないか判断してほしい」「大丈夫だと背中を押してほしい」

それが本音です。

チャレンジするために他人に背中を押してもらうことも大切です。

声に出すことの重要性

声に出すとうことは、自分の考えをアウトプットするということです。

「脳の実用性脳はアウトプット能力に規定される」

実はある研究で上手にアウトプットすることで脳から記憶を引き出しやすくなるということが証明されています。
また、マイナス思考をアウトプットすることでプラス思考へと気持ちを切り替えることもできます。

誰にも言わずにはじめた場合、思うように進まなかったときにそのままやめてしまいます。
声に出して誰かに伝えることで自分自身の動機づけになり、また周囲からのプレッシャーやアドバイスがより動機づけを強くしてくれます。

そして、より具体的な言葉を発信することで、思いは伝わり、多くの力をもらうことができます。

甘え上手は得である

あの有名なメンタリストのDAIGOさんもこんなことを書いています。
人は頼った相手ではなく、頼ってきた相手を好きになり、もっと頼ってほしくなる。

自分の能力の限界を知り、その際に人を頼ることも含めてどうすれば結果がいいのかを考えるのは、立派なことです。
ひとりで完璧を目指さず人に頼っていいのです。

世の中は「頼り頼られ」成立しているんです。

「お願い」できない人は損をする

仕事でもプライベートでも成功している人は人脈をたくさんもっています。
そしてたいていの成功者は意外に甘えん坊だったりやんちゃだったりします。

誤解してはいけないのが「お願い」は「迷惑」ではないということです。
自分にとって大変なことでも、別の人にとってはとても簡単なことだったりもします。

「お願い」つまり頼るということは「私にはできないけどあなたならできる」というように
相手を尊敬しているようなものなのです。

人間自分ひとりではできることよりもできないことのほうが沢山あります。
仕事もプライベートもひとりで完璧にできる人なんていません。

できなくて当たりまえなんですから、虚勢をはらず素直に人にお願いすることを身につけましょう。
そうすれば仕事もプライベートも今より良くなります。

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

行動力を高める3つの方法|行動力

行動力を高める3つの方法 1、睡眠 2、環境 3、人間関係 睡眠 人の活動は脳の活動に大きく影響されます。 脳の活動が活発でないと、行動力は低下します。 行動力と睡眠 人の睡眠には個人差があるといわれ …

効果抜群!コーヒー一杯で朝からエンジン全開にする方法

朝のコーヒー一杯で朝からエンジン全開で仕事ができたら一日の仕事がスムーズに進み、残業せずに充実した気持ちで一日の仕事を終えることができます。 気持ちが仕事モードになっていないとだらだらしてしまって残業 …

「行動できない」脱出法!9つの習慣|5.休むこと

疲れていたら何もできない 人は何かをさ始めるときに一番パワーをつ使うといわれています。 始める前に疲れていてはパワーが出ずに始めることができなくなってしまします。 また仕事をたくさんするために睡眠時間 …

「行動できない」脱出法!9つの習慣|6.失敗してみる

ダメだったのは自分ではなく「やり方」 行動できない人は基本、失敗しない方法を考えます。 ですが、それ自体が失敗なんです。 失敗するのは当たり前のこと、そして失敗したのは自分に能力がないのではなくやり方 …

「ブレない自分」を作る3つの方法

1.他人の評価なんて気にしない 大切なことは3つだけ。 「ありのままの自分を受け入れる」 「他人の意見は”評価”ではなく”意見”」 「評価の基準は常に自分自信」 「自分は平均より優れている」思わたがる …