*

20代でしか学べない経験|仕事術

公開日: : 仕事術

ビズネスの世界に入ったばかりの20代は吸収力があり、失敗しても許される。

そんな20代は、様々なことに挑戦し、失敗を繰り返すことで成功への道が開ける。

20代は白色

ビズネスの世界に入ったばかりの20代はビズネスの事に関して何も知らず、何色にも染まっていない白色存在です。

何色にも染まっていないということは、「何色にも染まる事ができる」ということです。

「成功者」という色になるか「平凡な者」という色になるかはあなたの20代での行動で決まります。

吸収力は最大の武器

20代という若さは脳科学的に考えても新しい知識を吸収することが他の年代よりも良い。

それだけではなく、何も知らないからこそ良いことも悪いこともすぐに吸収してしまう。

この吸収力が最大なのが20代です。

失敗しても許される

20代はビジネスの世界において初心者です。

ですから、失敗して当たり前。
先輩方や上司もそう考えています。

新卒の面接でもっとも重要視させるのが「成長力」であることからもわかることですが、企業は神新卒の20代に「今」の能力など初めから着たいしていません。

「今」はできなくて当たり前、今後成長して企業に貢献してくれればよい。と考えています。

そんな20代だからこそ様々なことに挑戦し、失敗しましょう。

失敗からしか成功の道は見えません。

20代の挑戦は簡単にできる

30代、40代、50代と年齢が上がっていくにつれて「挑戦」ということはできにくくなっていきます。

それは年齢を重ねるごとに失敗が怖くなるからです。
「こんな年にもなってそんなこともできないのか!」と上司に怒鳴られるかもしれません。

失敗した他人を数多く見てきたせいで、失敗に対する恐怖心は年齢とともに大きくなりますます挑戦できなくなります。

しかし、20代は企業から見ても上司から見ても失敗が当たり前とはじめから失敗を許されているのです。

挑戦すること重要性

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、百回聞くよりも一度見た方がよくわかるという意味です。
そして、百回見るよりも一回体験した方がよくわかります。

これは誰でもわかることです。
そして仕事においてもこれは同じです。

小さな一つの作業でも、1億プロジェクトでも同じです。
やってみなければわからないことだらけです。

上司にくっついてでも経験するべきです。
失敗しても責任を取るのは上司の役目ですから。

考えなしで行動できる

20代は精神的にも社会的にも若いです。
若いうちはそれなりの「無茶」ができるものです。

それは、20代という大人になたばかりの人間は経験が人生経験がすくないので、先のことが全くわかりません。
世の中のこともよくわかっていません。

だから良いのです。

わからないから考えることもできず、好奇心だけで行動できるのです。

20代の経験が大きく影響する

20代に多くの挑戦と失敗をして学び、成功方法を身に着けた人と、何事にも挑戦せずにただただ仕事のをしてきた人ではその後の「仕事」に大きな差が生まれます。

一方は20代での経験を活かし昇進して大きな仕事を任され給与も上がる。

20代の経験値は10倍

30代40代とと比べると20代の経験値は約10倍近くになる。

あくまで仮説的な数字ではありますが、それほどに20代の経験は大きい。

ですが、その経験は良い方向に向いた場合は良いが、悪い方向に向いてしまった場合には取り返しがつかないほどです。

経験の方向

良い方向で経験値を積んでいくには、何事も失敗を恐れずに挑戦し、その結果に正面から向き合い成功できなかった理由を探すこと。

つまり、挑戦と反省と学習を繰り返すことです。

関連記事

記事はありませんでした

行動力を高める3つの方法|行動力

行動力を高める3つの方法 1、睡眠 2、環境 3、人間関係

行動力を生み出す3つの力|行動力

行動力がある人に共通する、行動力を生み出している力の源3選です。

20代でしか学べない経験|仕事術

ビズネスの世界に入ったばかりの20代は吸収力があり、失敗しても許さ

「行動できない」脱出法!9つの習慣|9.法則を見つける

「失敗の法則」に目を向けると どんどん動ける場所は狭くなる。

「行動できない」脱出法!9つの習慣|8.マネする

自交流をやめる。 優秀な人ほど、人のマネをする。 できない人ほ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑